8308995326_a348164512_b

汗の臭いが気になる方にとって、汗は時に憎い存在に思えてきます。

でも、実は臭いの原因は汗にあるんじゃないって知っていましたか?

 汗臭い原因は常在菌

基本的には汗は無臭なんです。

でも、汗臭いっていいますよね?

汗が基本的に無臭だとしたら、どうして「汗臭い」なんて言葉があるのでしょう?

それは、人間の皮膚に生息している常在菌達が汗を分解する時に出す物質に原因があったんですね。

もっとも、臭いの原因は常在菌にだけあるのではなくて、ストレスや疲労で必要以上に老廃物がたまってしまった時なども臭いが発生してしまします。

  汗は身体にとって必要な機能

人間は、エネルギーを消費しながら生きています。

エネルギーを消費する時、人間の体温は自動的に上がって行きます。

代謝が激しくなればなるほど熱量は増え、温度上昇は激しくなります。

人間の身体は言って以上体温が上がると細胞が凝固してしまいますが、それを防いでくれるのが「汗」の存在です。

汗は、体表上で蒸発することによって体表上に気化熱を発生させて体温を下げます。

もしも汗をかかなくなったら、我々は大変なことになるんですね。

実際に、熱中症の症状が進み過ぎて体温調節が出来なくなって亡くなってしまう方が毎年いらっしゃいます。

汗をかくことが如何に重要なことかわかる話ですね。

 いい汗と悪い汗

汗というのは、汗腺から分泌される物質です。

汗腺は、身体中を流れる血液から血球を除いた血漿(けっしょう)を汗の原材料としています。

その際、血漿の中ある身体にとって重要な成分は身体の中に戻され、残りが汗となって体外に出ます。

一見面倒くさいようですが、身体にとって必要な成分以外を体外に輩出出来る為、ろ過機能が働いていると言えるんですね。

そういう時は、濃度の薄い汗がでます。

俗に言う「いい汗」というやつです。

でも、このろ過機能が何らかの理由で働かない場合、濃度の濃いネバネバとした汗が出ます。

これは、汗腺が血漿の成分を血液に戻し切れていないことによって起こる現象で、「悪い汗」と呼ばれます。

「悪い汗」をかいてる場合、汗腺が衰え、身体全体の新陳代謝が低下している状態だと言えます。

 悪い汗をかく原因

「汗腺」の働きを無理やり抑えてしまうことにより起こる場合が多いですね。

一日中クーラーの効いた部屋で過ごしたり、汗の原因となる水分を摂らない、ストレスがたまっていたり肥満気味であったりする場合も注意が必要です。

そして、この「悪い汗」は「いい汗」に比べて濃度が濃い為、常在菌の好物となります。

なので、「悪い汗」は臭いの原因になります。

すなわち、汗を無理やり抑えようとするとかえって汗の臭いは強くなってしまうんです。

汗の臭いを抑える為には、汗をしっかりとかくことが大切なのです。

逆説的に聞こえるかも知れませんが、正しい汗のかきかたを学び、爽やかに汗をかいていきましょう!!