4157349077_26722cb33f_b

 

アセッパーの項でも触れた通り、どこかで汗をかかなくなると別のどこかで汗が出るようになります。

そのことを「代償性発汗」という風に呼ぶことがあります。

特に「手掌多汗症」の手術や「わきが手術」などの際に問題になることがあります。

手掌多汗症とは?

 

ファリネの項でも触れたように、手汗に悩む方は実はとても多いです。その中でも、「原稿用紙やテスト用紙などが濡れてしまう」「手からポタポタと汗がでてしまう」などという症状に悩まされている人が、全人口の2%ほどいると言われており、そういった症状のことを「手掌多汗症」と呼んでいます。

原因ははっきりと特定できている訳ではないようですが、交感神経の高ぶりが原因であると考えられています。

手掌多汗症に関しては、手術による交感神経の処理が望ましいのですが、ほぼ100%「代償性発汗」という副作用が発生します。

冒頭で述べたように、行き場を亡くした汗が体外への経路を他に求める為です。

具体的には、頭部、太もも、胸、背中などの発汗が増えることが多いようです。

 

ETS手術

 

手掌多汗症に関する手術は「ETS手術(低位交感神経遮断術)」が一般的です。

手の汗をコントロールしている交感神経は、第2から第4神経であると言われ、その中の第4交換神経だけを遮断する手術のことです。

これは、高位の神経を遮断するほど「代償性発汗」が強くなるためだと考えられているからだそうです。

なお、ETS手術に関しては、保険の適用が利くことが多い為、保険適応外の手術に比べ比較的安価に受けられます(それでも10万前後はかかります)。

 

ETS手術を行っているクリニック

 

おだクリニック(福岡)

四谷メディカルキューブ(東京都)

・北野病院(大阪)

名古屋市立大学病院(愛知)

ちばなクリニック(沖縄)

北見中央病院(北海道)

仙台厚生病院(宮城)

 

実際にETS手術を受けた方の声を聴いてみましょう。

 

[illust_bubble subhead=”リスクはありますが、手の発汗の解消は人生が変わります” align=”right” color=”red” badge=”chumoku” illst=”check-w3-l”]

【お名前(イニシャル可能) 年齢 性別 住んでいる地域】
S・S 26歳 男性 岐阜県

【手術を受けようと思ったきっかけ】
子どもの頃から元々手掌多汗症で、緊張すると汗がしたたり落ちるほど出てしまいます。
どうしようもないと思って諦めていた感じはありましたが、原稿用紙を湿らせてしまったり、握手のときに嫌がられてしまったりして深刻に悩んでしまうこともあり、受診を決意しました。

【手術を受けた医院】
岐阜県・松波総合病院

【クリニックを選んだ理由】
元々人間ドッグでこの病院を利用していましたが、多汗症の手術も行われていると知人から聞いたからです。

【受けた施術方法】
内視鏡手術である、ETS手術を利用しました。

【実際の施術の様子(かかった時間・痛みなど)】
施術前にETS手術についての勉強会や、お医者さんとしっかり話し合った上で、実際の施行に入りました。
いろいろ思案した結果、右手だけをまずは手術することに。
全身麻酔で行うため当日は朝食を抜いて向かいました。
手術自体は日帰りで終わりましたが、さほど痛みなどはなく、全身麻酔のせいか、終わった直後もぼーっとした感じのままでした。
少し背中が痛いかな、という感じは残っています。

【術後の経過(痛み・臭いなど)】
術後から一週間以上、背中の痛みがずっと続いていました。
それから「代償性発汗」という副作用があり(これは担当のお医者さんから繰り返し教えていただきました)、背中の発汗量が増えました。
特に暑いときや辛い物を食べた時、緊張したときなど、異常なほど発汗してしまいます。
日常で気をつける点として、常にタオルやハンカチを持ち歩いたり、辛い物は極力さけるなどで対策になりました。
また緊張をしたときには若干(それでもかなり改善されましたが)右手から発汗することがあります。

【実際に行った施術方法・クリニックを同じように悩んでいた人にお勧めしたいですか?】
手掌多汗症は自分の人生において、かなり長い間悩みの種になっておりました。
それが改善されただけでも、非常に助かります。
例えばお釣りをもらうとき、握手をするとき、日常における衛生面など、手術の恩恵を感じる場面は多々あります。
ただ、副作用の代償性発汗は、他の方の体験談によっては、日常生活の上で、深刻な事態になられている方もみられます。
そういったリスクはありますが、手の発汗の解消は人生が変わります。
もしリスクを覚悟した上で悩みを解消したい方がおられたならば、ぜひお勧めしたいと思っております。

[/illust_bubble]

 

[btn_s color=”green” corner=”r” url=”http://www.matsunami-hsp.or.jp/shinryouka/index.html”]松波総合病院[/btn_s]

 

上記したように、なかなかリスクが高い手術であることは確かです。しっかりと専門医との話し合いをしたうえで臨まれるのがよろしいでしょう。

また、2015年4月にはアスクレピオス製薬からファリネという手汗専用のデオドラントが出ているので、そちらが効かなかった場合に手術を検討するのがよいかと思われます。

⇒ファリネの評判・口コミ

 

わきが手術における代償性発汗

 

基本的には、わきが手術というのは「汗腺」に対する手術なので、代償性発汗は起こらないと言われています。

代償性発汗は神経を遮断することにより起こるものであるというのが通説であるからです。

それでも極稀に代償性発汗が出てしまったという話が出てきます。

人間の汗のメカニズムを考えた時に、どこかで汗が出なくなった分ほかの部位で汗が出るようになるのは自然な話だと思います。

わきが手術を受ける際、代償性発汗が心配な場合は湘南美容外科の完全摘出法を受けるのがよろしいと思います。

テレビCMで有名で、高い技術力と高度な設備があるのは勿論、万が一臭いが出てしまった場合でも無料で再手術が可能だからです。

⇒ワキガ手術一覧

ただ、ワキガ手術を受けて代償性発汗が発生する方は本当にごくまれで、医学的な因果関係は認められていない状況です。あるいは別の要因で汗が発生している場合もあります。気になる場合は、こちらもやはり専門医のカウンセリングを受け、納得してから手術を受けましょう。