chicago-796121_1280

 

皮下組織削除法というのは、キューレットと呼ばれるハサミ状の器具で汗腺を削り取る手術法です。

切除法や剪除法と比べると傷口が小さく済む点がメリットとして挙げられる反面、一度に切除できる汗腺の量が少なく、傷口が数か所に及んでしまうという欠点があります。

また、皮膚を薄く削っていく為に皮膚の効果や変色が目立ってしまうケースも見られると言われています。

そう言ったメリットとデメリットを考えながら、実際に施術を受けた人の体験談を見て行きましょう。

 

[illust_bubble subhead=”関西圏に住んでいるなら、恵聖会クリニックも選択肢の1つに入れて考えて下さい” align=”right” color=”red” badge=”kuchikomi” illst=”normal-m2-l”]

【お名前(イニシャル可能) 年齢 性別 住んでいる地域】

Y.T 40歳 男 和歌山県

【手術を受けようと思ったきっかけ】

当時付き合っていた彼女にワキガかもしれないよ?と指摘され、病院で診察を受けた結果、そういった体質であると診察されたので、手術をしました。

【手術を受けた医院】

恵聖会クリニック

【クリニックを選んだ理由】

ネットでいろいろ調べると、保険適用・外の手術があると知り、どちらにも対応していて、自分に合った手術ができる病院が良いと考えて、恵聖会クリニックを選びました。

【受けた施術方法】

組織削除法

【受ける前に不安だったこと】

今まで病院を利用したのは診察のための通院のみで、入院や手術の経験がなく、麻酔をしてメスで皮膚を切るという行為に不安は感じていました。

【実際の施術の様子(かかった時間・痛みなど)】

約2時間の手術で、麻酔をしているので手術中の痛みはありませんでした。

【術後の経過(痛み・臭いなど)】

術後は皮膚を切っているので、それなりの痛みはありましたが、痛み止めの薬を飲めば大丈夫でした。

仕方のないことですが、術後数日間はガーゼで脇を圧迫しておかなければならない、傷口のこともあり腕を大きく動かせないのが不便でした。

1ヶ月ほど脇に違和感はありましたが、徐々に気にならなくなりました。

傷口も近くでじっと見なければ分からないくらいなので、誰にも気づかれないと思います。

臭いは全然気にならなくなったと言われました。

【実際に行った施術方法・クリニックを同じように悩んでいた人にお勧めしたいですか?】

ワキガの治療を行うならしっかりと行わないと、再発の心配があります。組織削除法は一番確実な手術法なのでおすすめです。

あと、執刀医が手術経験が豊富でないと、術後、脇の皮膚の張りや傷口の汚さが気になるなどの問題が出てくると、精神的に良くないので、診察時にしっかりと話し合いができて信頼できる病院を選ぶことをおすすめします。

関西圏に住んでいるなら、恵聖会クリニックも選択肢の1つに入れて考えて下さい。

[/illust_bubble]

 

 

[btn_s color=”green” corner=”r” url=”http://www.keisei-cs.com/”] 恵聖会クリニックのホームページへ[/btn_s]