d422357449db7e6259e13e512fa64413_m

冬の方が自分の体臭が気になるという人は意外と多いようです。

その理由は一体何でしょう?原因として大きなものからまとめてみました。

 

1 洋服の重ね着

 

まずは洋服にありそうです。冬は保温を考え、アンダーウエアも含めると2〜3枚は重ね着をしますから通気性が悪くなります。そのうえ、素材は断熱性のものになっている場合が多く、わきの下などの汗の匂いが、洋服の中に篭って濃縮されたような状態になってしまいます。

そして、もしもその時間が長く続いてしまうと雑菌が繁殖しやすくなり、さらに匂の原因が増えてしまいます。

この匂いが、体を動かしたときなどに、襟元や袖口服の隙間から出てくるくると、強く感じるということが考えられるのです。

 

2 デリケートゾーンと気温差

 

冬のなると暑さによる汗のニオイが少なくなります。そのようなときにデリケートゾーンに汗をかいてしまうと、特に気になってしまうものですが、それは、冬場の暖房も関係あるようです。夏は屋外が暑く室内が涼しい状態ですが、冬は屋外が寒く、室内が暖かい状態です。人は一般的に寒いところから暑いところへ入ったときに汗の匂いを気にする傾向があるようですから、暖かい室内に入った途端、汗の匂いがきになるケースも多そうです。

 

 

3 水分不足

 

夏はのどが渇きますし、熱中症対策もありますから自然と水分を摂る機会が増えるものです。ですから、夏の汗は水分が多いので蒸発しやすいのです。しかし、冬はどうしてもお水を飲む機会が減ってしまいます。

体内の水分量が少なくなると、汗の塩分濃度が高くなり、ベタベタとした匂いの強い汗をかくことになるのです。

 

4 基礎代謝

 

もうひとつ、意外な事実があるようです。日本人は普通、冬のなると基礎代謝が高くなります。

基礎代謝が高いということは、ちょっと動いただけで汗が出やすいということなりますから、実は夏よりも冬のほうが、本当は汗をかきやすいということになるのです。

 

5 汗腺の衰え

 

とはいえ、夏は気温が高いので、じっとしているだけでも汗をかきます。やはり冬よりも汗の量は明らかに多いのです。つまり夏の間は汗腺が鍛えられているのですが、冬になると汗腺はあまり使われなくなり、機能が鈍ってしまいます。臭いが強いベタベタ汗をかいてしまう原因はお子にもありそうです。

 

 

冬の汗の予防法

 

冬の汗、匂いが強い原因がわかったところで、その解消法を考えてみましょう。

 

1 洋服対策

 

まず第一は、やはり洋服の通気性に一工夫を加えることでしょう。アンダーウエアは、コットンなどの通気性や吸水性のよいものを選びます。

また、その上に着るものも、襟ぐりが小さいデザインや、ハイネック、タートルネックなど、汗や体温がこもりやすいデザインや素材のものは選ばずに、襟ぐりができるだけ空いている。デザインに変えてみます。

首回りが寒い場合は、ネッグウォーマーを利用すると良いでしょう。

次は食生活を見直してみましょう。冬は基礎代謝が高くなり、汗をかきやすくなっているのですから、できればカロリー少なめの食事にしたほうが、汗と体臭のためには良さそうです。

また暖房の強い部屋に入るときは、入る前にコート類を脱いで、いったんその場の室温に慣れてから暖かい部屋へ入ると、汗をかきにくくなるようです。

 

2 適度な運動

 

冬でも汗腺を鍛えておくと汗の臭が気にならなくなるかもしれません。ですから、運動をして気持ちよく汗をかくことが必要なのです。

通勤や通学で、電車やバスなどを常に利用している人は、自分の足で歩く距離を増やしてみると良いでしょう。運動は無理という人には半身浴はいかがでしょう?発汗作用があることではよく知られています。

 

3 食生活の見直し

 

動物性タンパク質、ニンニクなど臭いのキツイ食べ物を食べ過ぎると体臭の原因になるといわれています。

その逆で、体臭を抑えると言われている食べ物もいくつかあるようです。例えば、ビタミン類が豊富な緑黄食野菜や、抗酸化作用が強い海藻類やきのこ類、ナッツ類などです。繊維質が多いきゃべつやこんにゃくなども、体臭を抑えるはたらきを持っているようです。乳酸菌なども効果的とか。腸内環境を整えると言われている食品が汗の匂いにも効果的なのかもしれません、これらを食べると一石二鳥になりそうですね。

 

冬の臭い汗、かきやすい場所はここ!

 

ワキは他の部位に比べて、低い体温でも汗をかきやすく、絶えず汗が出ている状態です。その汗が皮膚に常在菌に分解されることによって、強いニオイを発するのです。

足裏も汗をかきやすい場所の一つです。特にタイツやブーツなどで、蒸れやすくなっていますから、皮膚の常在菌の活発にはたらきます。そして、足に残った古い角質や垢を分解することで、ニオイが発生しやすくなるのです。

 

臭う汗と臭わない汗

 

誰もがかく汗は、全身に分布しているのエクリン腺という汗腺から出ます。この汗は、通常はほとんどが水分のためさらさらでにおいがなく、蒸発しやすいという特徴を持っています。これが基本的に臭わない汗です。ところがそれとは別に、季節に関わりなく臭う汗があります。わきなどデリケートゾーンにあるアポクリン腺という別の汗腺から出る汗です。この汗腺は人により数に大きな違いがあり、たくさんあるとワキガ体質ということになります。冬の汗が特に気になる人は、ワキガ体質とまではいかなくても、アポクリン腺の数が少し多いのかもしれないという理由もありそうですね。